2006年05月14日

PCの

ゲームについて。

<さっさとFateコンプせんかい!(外なる神の声)>

ま、まぁ、それはともかく。

信長の○望(当時の)最新作をやった時の話なんですが。

国家の完成を見たのが信長から数えて四代目。

ヒロインの名は妙! (「←「たえ」と読みます)

日本統一を夢見てゲームを進めた善射でしたが、

どういうわけか武将が次々に絶えていきます。

結局、妙さんの時代には領地は元の一国だけ、

武将は誰もいないという事態におちいります。

普通なら誰もが諦めるところです。

しかし彼女の曽祖父は織田信長。

祖父は豊臣秀吉で、父は豊臣秀頼。

城は難攻不落のスーパーキャッスル・安土城!

備蓄米は十年は戦えるだけ備えてあり、租税は一公九民。

関所の往来は自由なので芸人茶人文化人が来放題。

そのため領内では年がら年中コンサート、テラ銭ウハウハ商人万歳。

たまに隣国が侵略に来たりしますが、ただちに国そのものが要塞化。

よく訓練された自衛軍が、たちどころに敵を撃滅。

でも侵略しかえすほどの兵力はないので、他国に脅威を与えません。

隣国がさらに隣国に侵略されたら派兵して助けてやる。

もしその隣国が恩を仇で返して侵略してきたら、ただちに自衛G(略)。

日本中の忍者を(おそらく)すべて買収しているので、情報管理も万全。

三方向が他国に接しているから、三国同盟を結ばれて同時に

攻めてこられたらまちがいなく陥落するというのに、

みんな自分が独り占めしたいらしく、攻めてくるのはいつも一国ずつ。

欲ボケ国主ども、あるがたう(^▽^)アハハハハハハハハハハハ!

というわけで血で血を洗う戦国時代において、

なんというか現代的な別世界が出現しました。

日本の文化力と欧米の軍事情報力とスイスの小ささを兼ね備えた最強国家。

で、この妙さん、妹一人いるので嫁に貰ってくれませんか、とあちこち行きます。

どこの国主も、土産もらう時はニコニコしているのに、妹の縁談を持ち出すと、

「関の血筋など汚らわしい!」とか言い出します。(じゃあ土産返せ)

関というのは信長の武将で、母方の祖父です(呂布みたいな顔してます)。

で、妙さんは冷酷にその無礼者(国主)を面罵痛罵して帰途に着きます。

この間、ゲームでは表現されませんが、善射の憶測では、おそらく帰途、

妙さんを★しに追いかけてきた当地の武士団を、

妙さん護衛の超忍者軍団が皆★しにしているに違いあるまい、と。

まぁ皆さん。想像してみてください。

必殺の意思を持った重武装の騎馬武者たちが押し寄せてくるというのに

優雅に茶を飲み始めるヒロイン。

彼女に襲い来る騎馬の前に立ちふさがる、オールスターニンジャ軍!

飛び加藤が幻術を使い騎馬を崖下へ落とせば、

猿飛佐助の手裏剣が宙を飛び、百地三太夫の蝦蟇が飛びかかり、

服部半蔵の闇の軍団が武者たちを次々と屠ってゆくのです!

茶を飲み終え旅立つ頃には死屍累々・・・・・(((  ̄ □  ̄)))ガクガクブルブル・・・

(きっと)こういう事を何度も繰り返すから秀頼パパがもう落胆するったら。

この秀頼パパ、人柄の良さがわかる顔・・・松本さんだな声はきっと(「圭一パパ」)。

秀頼亡き後は妙さんが後を継ぎ、妙さん亡き後は、この妹さんが後を継ぎました。

結果オーライです。

 

結局どこの国も統一できず乱立したまま近代に突入してゲームエンド。

すごいよコー○ー! (完)

 

というわけで、今日のお進めニンジャ漫画は

影風魔ハヤセ 現二巻 森田信吾 講談社 514税別

同じ講談社の「Y・十・M」せがわまさき作画 山田風太郎原作

よりも描写が激しいです。でも子供とかは無事だから、その意味では安心。

posted by 善射 at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 だ ! と 。

運と賭博と金というものについて。

善射の・・・まぁ、「知人D」と、しておきましょうか。

このDは無職でした。

しかし善射の母がなぜか彼を気に入ってしまい、

家に出入りするようになりました。

で、善射の母は知人Aさんに頼んでDに職を世話してやりました。

Dは携帯を持っておらず(いまどき!)、善射の携帯にAさんから電話がかかってきました。

Aさん「職が見つかったからすぐDを呼んで来て!」

善射はすぐにDをパチンコ屋で見つけ、この朗報を伝えました。

しかし。

「ゼンシャサン、チョットマッテ!イマ、キテルンデス!」

何が来ていると言うのか。

玉です。タマが大当たりしているのです!

・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄ □  ̄)ポカーン・・・・・・

ものすごい量で、あっという間に箱が積みあがっていきます。

そこで善射は待つことにしました。

三十分経過。

善射が行くと、Dは阿呆のように座っていました。

Dは全部すったというのです!

・・・・・・・・・・( ̄□  ̄)・・・・・・・・・

善射は呆れながら携帯を貸してやりました。

しかしAさんいわく 「もう他の人に決めたよ!」

この事実から、善射は学びました。→

「ギャンブルで勝つ」というのは、なんの事はない、

「自分の運」を金に換えているだけなんだ!と。

「健康運」「金運」「異性運」「職業運」「生命運」・・・。

「自分の運」が足りなければ(おそらく)無意識に

「家族や周囲の運」を吸い上げているんだ!と。

「パチンコ屋で乳児の事故が起こる時」というのは

「親の台で大当たりが来ている時」なんだ!と。

オソルベシ パチンコ !

そういえばパチンコ漫画で人気作を見たんですが、

夫婦が11万円勝ったと喜んでいるオチを計算してみました。

二人で10万円と10時間も遣ってたった11万円ということは、

一人あたま時給にすると・・・・(( ゜ ■  ゜))・・・・・

こうして善射はギャンブルというものに、

い っ さ い 興 味 が 失 せ ま し た 。

(完)

 

え?

「元知人D」のその後ですか?

どうにか生きてるみたいですよ?

「みたい」というのは「縁」を斬ったからです。

Dが車買いたいっていうんで善射が保証人になってやったら

調子に乗って善射をサラ金の保証人にしようとしたんですよ?

さすがに断りましたが、そしたらその後車の払いもできなくなって

結局善射が払ってやりましたよトータル50万。

善射よりも善射の周囲の友人たちが怒って

Dを締め上げて車体回収までしてくれました&出入り禁止!

今思えば年寄りに取り入るのがうまいやつだったな・・・

持つべきものは良き友人ですよ。

ええ、まったく。

ありがとう我が友人たち!<(__)>

posted by 善射 at 03:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。