2006年05月16日

ナルニャー

善射は「ナルニア国物語」を見ました。

説教くさいとかご都合主義だという評判でしたが

こういうの、キライじゃありません。

とくに、合戦場面には熱いものがこみあげます。

自分が指揮官だったらどうするかなぁ・・・・・・・・

要は相手のアタマをどっちが先に潰すかという話で。

敵軍の方が数が多く、開けた場所で決戦という状況。

問・密集して中央突破?→否・包み込まれて揉み潰されるだけ。

それはもう、ジャンケンでグーがパーに呑まれるがごとく。

ではどうするか?15秒で対策を創案せよ、俺!→

記憶検索→類似の状況を抽出→現状との類似点・相違点を精査→

ランチェスター法則(三倍で必勝、五倍なら圧勝)を応用して

三国志漫画とかで見た黄巾賊の天地人三位一体戦法をプラス!

戦略的には敵が多くとも、戦術的には多数有利状況を作出。

左翼右翼で敵の攻撃を防御捕捉して中央が敵のタマを奪る。

陣形を団子状から錐状に移行せよ。

一点全力集中で敵の包囲を突き破れ。

そう、名付けて「婆ちゃのオハギ大作戦」!!

あとはこの繰り返しで、敵のアタマまで近づき、ゲットだぜ!

・・・まぁ、問題は、兵士が(敵も味方も)獣かもしくは獣人ばかりなので、

いざ戦いが始まれば戦略もへったくれもないだろうという事だけ(←重要)。

いかに大軍を擁しても結局頼れるのは自分だけという教訓映画なのか(違)。

ひぐらしキャラで配役したら、あてはめやすいのもいい映画ですね。

映画館で見たほうが良い映画です。

エンドクレジットは最後まで見た人は、ニヤリ。

それと最後に吹替声優クレジットが出てくるのも小味が利いててイイ!

 

posted by 善射 at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。