2006年05月20日

やまもと いちりき さん

山本 一力 さん。

善射の好きな作家さんのひとりです。

この方が新聞のコラムで書いていらしたのですが、

目前の事をただ淡々とこなしてゆけば、おのずと道は開けてくるものだ、

それを自分は少年の頃の「配達のバイト」から教わった、と。

善射がこの作家さんを好きなのは、別に直木賞とったからとかではなくて、

こういう、自然とにじみ出てくる「人生の素地」に魅かれるのです。

だからなのでしょうか、この方の書かれる作品は、

市井に生きる庶民のささやかな心の動きが、とてもナチュラルに書かれています。

臨終の母を「素材」としてしかみない「御典医様」を毅然として追い返す少女。

先代の恩に報いるため跡継ぎの尻拭いをしてやる気風のいい男。

そんなひとたちの物語。

やっぱり読む人のこころをうつのは魂の熱さなんだなぁと実感します。

是非、ご一読を。

posted by 善射 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画の暇潰し編

少年ガンガン六月号を購入してきました。

★鋼の錬金術師はイシュバール殲滅戦の真っ最中。

ロイさんがヒューズさんに恋人の事を話すやつは高確率で死ぬぞと警告。

戦争という、運を片っ端から使いまくるような異常時において、

非現在・非現場のことに意識を向けると、

現状の守護にまわすエネルギーがとられてしまうからでしょうか(仮説)。

★衛藤ヒロユキ新作は「衛星ウサギテレビ」

大臣の娘テイジー(デコ娘)がイイ味だしてますね。

主人公の王子いわく

「きっとあのオデコの光は一生幸せに暮らせる幸せ光線なのだ」

・・・・・・・Σ(´д`)そんな光があるのなら善射も浴びてみたいなぁ。

★そしてお待たせ暇潰し編!!

ダム建設反対運動をこうして絵で見てみると

本編とは異なった印象が与えられます。

「起動隊のみなさんごくろーさん」>(ー人ー) (←某症候群の疑いが)

そして竜騎士07先生による神託がおりました!

ひぐらし大賞はトンデモ設定okというお墨付きが!

例として「梨花は実は少年だった!」というのでも可!Σ(´д`)

締め切りは今年の六月末、残り一月!

いっぺんだしてみるとしようか・・・恥かしがったって誰も誉めちゃくれんし。

「ひぐらし」に対する愛と尊敬と感謝のこもったものでさえあれば、

誰も止めることはできないのだ!

posted by 善射 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者の声ーーーー

・・・・・・・・・・気をとりなおして続けます。

さて、殺伐とした任務によってイイ具合に人間性を喪失していく

われらが主人公、ゴウ (とプレイヤーである自分)。

地雷を敷設したところに侍や僧兵を誘導してふきとばす!

わざと騒ぎをおこして集まってきた侍や僧兵めがけ爆発カラクリを投げ(ry

 

ふ、ふふふ・・・・楽しい!タノシーナー!グッゲッゲッゲッゲッゲッゲッゲ!>(■)

・・・・・・・・・・・・

えー、こうして着々と飛鳥忍者の名声をあげてゆくゴウでありましたが、

出る釘はウタレルという喩えのとおり、ライバル忍者たちが登場します。

見た目ふつーの忍者、「毛伸衆」

ウスバとアゲハという双子が率いる美女くのいち集団、「喪巣忍者」

そして大砲などを背負って重武装したサイボーグ忍者集団、「多羅場忍者」

ケノビシューは普通の忍者すぎるのでこのさいどうでもいいとして(哀)、

喪巣のくのいちの声は沢城みゆきさん・・・

そう、「ローゼンメイデン」の真紅の中のひとですね!

「出てらっしゃい!」というドスの利いた鬼声で脅されたらもう((;д;))ガクガク

この方まだ女子大生なので年相応の役をやりたいとぼやいてらしたそうですが、

 

                無理。 (誉め言葉)

 

ちなみにアゲハとウスバの声は氷上恭子さんでした。

一方、時代考証無視しまくりの多羅場忍軍を率いるカブトの声は、

 

トミー・ザ・大川ぁぁぁー!Σ( ̄д ̄)

 

トミーが悪役やったらこんなんだよなぁ・・・というかませ犬っぷりに涙が(つд`)

だって喪巣のくのいちが化けてる町娘(終盤出演)より弱いんですよ?

地雷かカラクリ三発で・・・・文字通り秒殺。

 

とまぁ大体こんな感じでまったりダラダラいつまでも楽しめるゲームです。

もしこのブログの更新がとまっていたら、

大名やくのいちを爆★する事に血道をあげていると思ってください。

ではまた!

posted by 善射 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者ゲームのレビュー編2

さて、山奥のあばら家に棲みついた、われらが主人公のゴウ青年。

ここで様々な依頼をこなして大名からの信頼(御簾)をあげていくのが日課。

で、その任務というのが

「町をさわがす蛮族(なぜかゴブリン)を全滅させよ」

「町の娘をかどわかす破廉恥商人をヌッコロシテ娘達を救え」

「敵陣にしのびこんで敵の侍大将を暗殺してこい」

「町にいる敵兵を全滅させてこい」

 

ここいらあたりは、まぁ、妥当と言うか、まだいいんですが、

 

「敵の侍大将を誘い出すので、その娘をかどわかしてこい」

「なんかムシャクシャするから敵陣からなんか奪ってこい」

「森に行って暴れ熊を二十匹ほど全滅させてこい」

「町の娘は密偵だから皆殺しにしてこい」

「餓えた敵の陣から兵糧を奪ってこい」

「餓えた敵の陣へ毒入りの(ry」

 

・・・・( ̄□ ̄)・・・・・

・・・ツッコミしてもいいですか。

 

「人間性が奪われるような任務を下請けにまわすんじゃねぇ! ぶっ★すぞ!?」

(続く)

posted by 善射 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲームのレビュー忍者編

忍道 戒 SINOBIDOU IMASIME

数百時間をついやして超ムズモードで挑戦中です。

ましゃゆき様のアサシン沙都子みたいなカッコした男が主人公です。

オープニングはこの男、ゴウが目覚める場面からはじまります。

記憶喪失しているのは転校生がパンくわえて疾走するのと同じでツッコミ不可。

何者かの助言をうけて建設中の宇高多城へ向かいます。

衛兵に誰何されてカチンときたゴウいわく、

「無礼者!当家の嫡男だ!」

・・・相手にされませんでした。

助言者オンジが後で届けた手紙には

「城主が父というのは言葉のアヤで父みたいなものという意味」

・・・・・・・・・・・・・

城では城主一条とアムリタ教教祖貞女(サダメ)がトップ会談中でした。

これに隣国の大名赤目が加わりこの三勢力から依頼を請負って

宇高多のために戦え飛鳥忍者ゴウ!

というのが基本設定です。

そろそろツッコミいいですか。

 

城主の一条信輝。そもそもそんなに老けてません!

オンジとやらの助言の信憑性、最初の段階から、はなはだ不審。(続く)

posted by 善射 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまたレス返しをー!

レス返しをー。

>三島様

ばぎばき長文カモーンなのですよー♪

ギネスに挑戦とかしてもらえれば嬉しくて善射がイナバウアーをですね?

(上体そらすのはイナバウアーと無関係だそうですが)

それにしてもアカサカはちったぁ護衛らしぃ活躍をしてほしいのですよー。

いまのところ梨花をおこらせるようなことしかしてない気が・・・

まぁアカサカだから(ーェー)。

あと、前回のレス返し、例のゲームについて追記をばしましたー。

>kkkkkkkkkkkkeeeiiiii様

たっ・・・確かにあの魔女は二刀流で戦った方が強そう・・・

そうだ!きっと彼女はもともと他国の女騎士かなにかだったのが

どっかで拾った死神の本とかでですね?(←デスノート完結記念)

>mols様

バトンをまわしていただきありがとうございます。

これからもシャレの利いた回答をしていきたいと思います。

イラストレーター買おうかな・・・・・

>ましゃゆき様

ようこそいらっしゃいませ!

「魔法少女ぶらり途中下車二人旅」を楽しみにしています(題が!)

いやマジでハリエットさん可愛いですよハリ(*´д`*)ゴス!(←サキロッドが炸裂)

 

皆様いつもありがとうございます!<(_)>

posted by 善射 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。