2006年05月11日

忘れぬうちにメモメモ3ー!

善 「それで百万も千万も違うというならともかく

  10万20万円程度なら、地域に寄付したと思えば

  いいじゃありませんか?でしょ?」

義 「む、そうかな・・・」

善 「それに大手が低利でモーションかけてきたのに

  惑わされずにつきあい続けてくれるというので

  信金の担当者などに義郎さんの誠意を伝えられますよ」

義 「そうだろうか」

善 「ええ!資金調達を大手一本に絞るのは、あまりにも

   リスクが大きすぎます。せめて半分以下にしてください」

義 「信金とかは規模がちいさいから心配なんだよ」

善 「大手だってリスクは同じです。むしろ規模がでかいだけ

  より危険という見方もできます。だったら非常時に日銀や政府が

  資金を融資して預金者保護しやすいのはどちらでしょうかね」

義 「そういやそうだねぇ・・・考えてみるよ」

善 「それがよろしゅうございますよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、どうなることやら。

義郎さん(仮名)の事業運営がスムーズであればいいのですよ。にぱー♪ ( 完 )

posted by 善射 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。