2006年05月29日

東にレア同人誌があると聞けば

みなさん、部屋、きれいですか?

善射の部屋は片付いているかというと、

全然そんな事はありません。

いまも足元には読み終えた本がちらばっています。

他は片付けても本だけはすぐ手の届く場所に置いとかないと落ち着きませんので。

善射はヘビー・リーダーなので本を読まずにはいられません。

あたかも「R・O・D」の巨乳眼鏡ヒロイン「読子・リードマン」嬢のごとし。

ちなみにこの「読子(ヨミコ)」嬢、いや嬢というべきかもう微妙なんですが、

原作小説で爆撃機の機体で輸送される彼女は、

手近にあった(それしかなかった)「エロ本」を「読み」はじめるという

およそアニメノベルのヒロインらしからぬ挙にでます。

でもそれが「本読み」のサガ。

三途の川を渡る時にも売店探して

「なんか本ありますかー?」と聞く!

それが俺たち「本読み野郎Bチーム!」(←BはBOOKの略)

そんなB族である善射の日常は当然のごとく本まみれ。

ありがたーい宗教書であろうと「こげぱん」であろうと、

エロ漫画であろうと芸術漫画であろうと、

ヘルシングの大佐のようにただ等しく無慈悲に殲滅しつくすのです。

「諸君、私は本が好きだ。諸君私は本が好きだ。諸君私は本が大好きだ!」

そして読み終えた本はなるだけとっておきたいのです。

昔読んだ映画のノベライズの中で、

蔵書を売った金で新たに蔵書を買う貴族というのがいましたが、

金があれば善射だって同じことします。(←キッパリ)

読んだ本って自分のエネルギーが付着してしまうから

捨ててしまうと文字通り身をきられるような感じがしてショックなんですよ。

テレビに出るゴミ屋敷の住人というのも同じような理由があるのだと思います。

他人からみてゴミのようなモノであっても、見た人からしたら

「はぅぅー♪すごいお宝なんだよお持ち帰りぃぃー♪」

と、見た人にそう思わせる、なにかの共通項があるのでしょう。(見た人との)

ケンタ君人形と竜宮レナの共通性ってなんだろう?(←要思索だぞ自分)

まあ、それはともかく。

 

しかし、そんな事ではこの世の中をわたっていけません。(続く)

posted by 善射 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恐るべき!ぷちゴミマンション?
Excerpt: 最近は、メディアのゴミ屋敷の話題も落ち着いてきたように感じますが「片付けられない人たちは確実に増えていっています。 自覚症状の無い方も当然多く、まさか自分がなんて思っている人も多いのです。 ”ゴミ..
Weblog: 現実にある出来事の紹介
Tracked: 2006-05-29 22:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。