2006年06月05日

「しろがね」 と 「しろがね・O 」 ?

先日ジャスコに行った時の事です。

四十型TVとDVDレコーダーがセットで二十万円。

一年くらい前には43型プラズマTVが三十万円。

ずいぶん安くなったものです。

しかし、だからといって、リプレイスしてよいものか?

うちの20型ブラウン管TVは四半世紀前のものですが、色彩の見事さといったら。

いや、負け惜しみとかでなく、ほんとに。

バブルの頃の品だから部品ひとつとっても奢る事ができたのでしょう。

なんでこんな事書くかというと、実はミニコンポを買いまして。

風呂場にも音がないと寂しいので脱衣場に置くための安価な品を買いに近所のリサイクル店へ。

そしてなんとなく買った三十年前のバブリー金ピカミニコンポ(イチユキチ)。

帰宅して音出ししたら、もぅ、びっくり。

弦の響きとかが半端じゃない!シンフォニーホールで聴いている雰囲気だ!

海外の超高級品と比べても遜色なし。ていうか、部分的には勝っている。

その音で入浴中にクラシックをかけまくり。

アイネ・クライネ・ナハト・ザバーン。

 

感想。

なんでもかんでも新しい物をよしとしていたらきりがない。

posted by 善射 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

風呂
Excerpt: 風呂風呂(ふろ)とは、容器(浴槽、バスタブと呼ばれる)に湯を満たして人が浸かり、温浴する設備をいう。あるいは湯を使わず、内部を蒸気などで加熱した建物などを指しても使われる。また、漆器に塗った漆(うるし..
Weblog: マイホームのススメ
Tracked: 2006-06-05 12:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。