2006年06月10日

この世に畏れるものがなし?

竜騎士07様のところでYorke様が大輪の向日葵を背景に笑顔の沙都子を描いておられます。

そこで思い出した事がひとつ。

昔、炒った米糠を、余ったので捨てようと思い、庭にまいたら向日葵が咲きました。

それだけなら別によかったのですが、

なぜか物凄く猛々しく育ってしまい、近寄るのが怖いまでになりました。

いわば、向日葵の・・土佐犬版?(←いや本当にそんな感じで)

炒った米ぬかは凄い栄養ドリンクになるのかも?

自然の神秘ってすごいよね?

posted by 善射 at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。