2006年07月05日

CDの声

祟★し編のCDの感想。

 

★沙都子の年齢が三つ四つ、上がっているように聞こえる。

 これは内容がへヴィなので、いたしかたなし。(評価は分かれると思う)

★入江監督、登場。

 関さんは変態から天才まで何でもこなせるが、今回は「いいひと」的演技。

★知恵先生。

 カレーに悪口言われた時の演技は「シ○ル先輩」というより、むしろ「朽木ル○ア」。

★小宮山刑事(と塾の教師)登場。

 声の人がむちゃくちゃカッコええ!

★鉄兵、登場。

 年齢が上過ぎる。この声なら、むしろ園崎組長か園崎県議が妥当。

★魅音。

 「はい、園崎です!」と電話に出たときの声がサイコー。

★梨花。

 今回はあまり出番が無し・・・。

★レナ

 口調の変化が激しすぎて地が露出してるよレナ。(声の演技が良いぶん、おそらくは評価は二分)

★藍子さん。

 この息子のこの質問を訝しく思わないのは、さすがに不自然だと思える。(演技そのものは魔女っぽくて良)

★大石。

 いつもどおり。

★エキストラ。

大石に質問された児童の声がキュートですた。

★圭一。

 狂った演技は、もうシード級。

★鷹野さん。

 うさんくささ、大爆発。もう主役は、このひとでええんよ。(マテ)

 

posted by 善射 at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。