2006年08月14日

買った

★ 風車祭〜 カジマヤー 〜 

講談社  作画 栗原まもる  原作 池上永一

 

石垣島の少年、武志は「マブイ」を落として、霊なる少女ピシャーナと出会う。

彼女は二百四十六年前に名家の娘として生まれたが、婚礼の日に石にされてしまった。

しかしそれは、ニライカナイの大神の意向。

命の源である根の国ニライカナイでは命の種子が枯渇。

大神は大災害で世界を滅ぼし、大規模なライフリセットを実行するつもりだ。

そして彼女は災害を事前に知らせるメッセンジャーとしての任務を課された。

激しく動揺するピシャーナ。

一方、武志は彼女のために何かできないかと島を走る。

しかし、マブイを落とした彼に残された時は、ごくわずか。

彼と彼女と世界の運命や、いかに。

 

うむ、面白い漫画ですよ、これは!

posted by 善射 at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。